1: 2018/02/01(木) 04:03:14.18 ID:F3LsLxO00
大量のマスケットと弓の雨の中でも平気で進む足軽だけでも相手はどうしようも無くなる

3: 2018/02/01(木) 04:05:59.90 ID:O9y7b/4X0
普通に明軍のが強いでしょ

40: 2018/02/01(木) 04:22:22.09 ID:gCn17m280
>>3
秀吉軍に連戦連敗でボロ負けの明軍w

慶長の役も秀吉軍の連戦連勝だった
・漆川梁海戦
>敗北した朝鮮水軍は殆ど壊滅し、陸海で日本軍が西進する端緒となった。(日本側損害なし)

・南原城の戦い
>左軍と水軍による南原城攻略と同時期に、右軍も黄石山城を攻略する。両軍は共に全州に向かって進撃すると、
>ここを守っていた陳愚衷指揮下の明・朝鮮軍は恐れをなして逃亡し、明・朝鮮軍の当方面における防衛体制は瓦解した。
>これにより、日本軍は全州を占領する。
(明軍では李新芳・蒋表・毛承先らの副将が戦死、朝鮮軍では李福男(全羅兵使)・任鉉(南原府使)・金敬老(助防将)・
鄭期遠(接伴使)・申浩(別将)・李元春(求礼県監)・馬応房(鎮安県監)・呉応鼎(防禦使)・李徳恢(判官)・黄大中(義兵指揮官)
ら諸将が全員戦死し、ここに南原城は陥った。明・朝鮮軍は5000人が戦死した。)

・鳴梁海戦の真実
>根拠地および制海権を放棄し、遠方まで撤退している。これにより戦場の制海権は日本側のものとなったため、
>朝鮮水軍の基地である(全羅道)右水営や対岸の珍島の攻略を許し、結果として日本水軍の侵攻は成功している。
(奇襲しただけだった)

・蔚山城の戦い
>清正は急遽側近のみ500人ほどを率いて蔚山倭城に入城した。毛利秀元や黒田長政等の援軍の到着まで明・朝鮮軍の攻撃に10日ほど耐え、
>この戦いを明・朝鮮軍に20,000人の損害を与える勝利へと導いた。
( 明軍の指揮官クラスでは、 遊撃楊万金戦死、 千総麻来戦死、 千総周道継戦死、 千総李洞賓戦死、
把総郭安民戦死、 千総王子和戦死、 哨総湯文?戦死、 千総銭応太戦死、 張応元戦死、陳観策戦死、
遊撃陳寅負傷、 遊撃陳愚沖負傷、 という損害を出している。明将楊鎬は日本軍の追撃を恐れ、漢城まで撤退した。)
>この当時の朝鮮における明軍の総司令官であった楊鎬は、勝利と偽って本国に報告したが、惨敗したことがばれ、解任された。

57: 2018/02/01(木) 04:32:34.67 ID:O9y7b/4X0
>>40
はぇ~日本軍ってそんな強かったんか
それなら秀吉は朝鮮滅ぼして明国の半分くらいは占領できたんけ?

60: 2018/02/01(木) 04:34:44.29 ID:gCn17m280
>>57
泗川の戦い・第二次蔚山城の戦いの時に秀吉すでに死んでてこの後帰国命令が出た

>先立つ8月18日、既に豊臣秀吉は死去しており、その死は秘匿されたまま10月15日に帰国命令が発せられ、撤退を完了して帰国した。

5: 2018/02/01(木) 04:07:02.07 ID:Zbo8EkbH0
そんな命知らずの足軽おらんやろ

12: 2018/02/01(木) 04:10:58.24 ID:F3LsLxO00
>>5
朝鮮がボロ負けしたのって朝鮮軍が弱かったからって風潮やけど、実際は最初の釜山での戦いで弓の雨の中突き進んでくる武士を見て「あ、これ無理(確信」ってなってみんな戦うことすらしなくなったからやで

34: 2018/02/01(木) 04:21:25.80 ID:cIc4r4kE0
>>12
朝鮮内部での権力闘争と日本軍の銃を多量に使う戦術に対応出来なかった事が原因やろ

44: 2018/02/01(木) 04:25:10.93 ID:B+Wx9D1j0
>>34
それ信じてるの多いけど、中央が揉めてる間でも現地の連中はそれなりに準備してたんだよなあ
実際最初の戦いは当時としては難攻不落の城だった
でも秀吉軍とは戦闘の経験値が違いすぎた
権力争いがあろうとなかろうと崩壊待ったなしやで

51: 2018/02/01(木) 04:28:37.85 ID:cIc4r4kE0
>>44
そら現地部隊は準備するに決まってるやろ
中央が混乱してるから各部隊の連携に支障が出たりしとるやんけ
実際水軍はそれで壊滅しとるし

59: 2018/02/01(木) 04:34:40.54 ID:B+Wx9D1j0
>>51
なんで連携取れなくなったかというと、最初の戦いで弓も城壁も全く意味がない秀吉軍にビビって士気が大幅に下がったからなんだよなあ
中央がしっかりしてても士気がガタガタやったら連携もへったくれもないで

64: 2018/02/01(木) 04:37:07.10 ID:cIc4r4kE0
>>59
日本軍の士気や戦闘練度の問題ではないやろ
銃を多用する戦術に対応出来ず緒戦で主力を壊滅させられた事とに政争で軍政両面で内部対立が起きて連携が取れず士気が下がってるのが原因やわ
これだけ理由があるのに日本軍の兵士が強かった!って結論に至るのはちょっとおかしいやろ

6: 2018/02/01(木) 04:07:50.71 ID:HEEtND0Z0
陸ではイェニチェリ海では無敵艦隊にやられるんだよなあ

11: 2018/02/01(木) 04:10:35.45 ID:CBAja1ow0
海から大砲打たれまくり

15: 2018/02/01(木) 04:12:44.15 ID:zBI1GlQV0
>>11
当時の戦艦って陸上攻撃用としてはほとんど機能してないんですがそれは

16: 2018/02/01(木) 04:13:06.31 ID:s1xTRfTc0
はいファランクス

17: 2018/02/01(木) 04:14:20.04 ID:054lMNUj0
>>16
マスケットの弾の雨あられで終了やろうなあ

19: 2018/02/01(木) 04:14:41.45 ID:TPnfAbvd0
>>16
流石に時代が違いすぎる

18: 2018/02/01(木) 04:14:26.40 ID:bMbwM6By0
兵たん無視の局地戦やらせれば最強かもしれんが
国と国との大戦略戦争やらせたらなにもできないで負け
まず兵たんの運用ができない
戦国時代の兵糧や武器は足軽が事前に準備したものと現地調達が基本
大名も戦が長くなったら兵糧を補充するが戦国時代は戦地に商人が来て米や武器を売っていた
さらに他の大名を戦争をしている大名に対して兵糧を売って商売をしていた
戦国時代の大名には兵たんの概念が殆どないのね

22: 2018/02/01(木) 04:16:18.93 ID:ciZ//u8c0
>>18
それを言ったらどこの国の軍隊も当時は現地調達が基本
遊牧民みたいに食料引き連れて移動する方式は16世紀レベルの武器装備になってからだと話にならない

21: 2018/02/01(木) 04:16:03.10 ID:vvWEMBpH0
オスマンとかの砲兵部隊にはさすがに勝てんやろ

26: 2018/02/01(木) 04:18:26.94 ID:U6kXQ3Zi0
実際、兵隊とか武器の数て
当時としては相当多かったんやろ

28: 2018/02/01(木) 04:19:53.05 ID:ZnxXNqpS0
>>26
いや全然

27: 2018/02/01(木) 04:18:52.44 ID:tEvNY2nZa
対峙するたびに我こそは~とかやってたんやろ
なにいってだこいつって思われてボコボコやろ

29: 2018/02/01(木) 04:20:20.46 ID:B+Wx9D1j0
>>27
流石に元寇で学習済みやろ(マジレス

30: 2018/02/01(木) 04:20:22.13 ID:Zbo8EkbH0
山田長政隊が強かったんだから能力が高いのは間違いあるまい

415: 2018/02/01(木) 07:13:03.07 ID:qB3jtzJQM
>>30
当時の東南アジアが弱すぎただけや
順番で言ったら数の明、欧州東欧の次くらいだろ

36: 2018/02/01(木) 04:21:59.16 ID:4To9dtyd0
戦国時代も前期と後期でだいぶ違うやろ

50: 2018/02/01(木) 04:27:47.45 ID:RpgTWD3s0
でもヨーロッパの要塞は銃がいくらあっても落とせないんじゃね
ヨーロッパの方がこの頃は大艦巨砲主義で大砲ばっかやろ

56: 2018/02/01(木) 04:31:41.98 ID:ciZ//u8c0
>>50
当時の大砲って、ただ単に鉄の塊を飛ばすだけだから今の榴弾と違って殺傷力が低い
さらに、大砲は密集戦術でゆっくりやってくる相手には強いけど、日本のように散兵っぽい動きをされるとどうしようもない
傭兵を使ってた西洋と準国民国家軍になってた日本との違いやな

94: 2018/02/01(木) 04:54:30.09 ID:OJ+7QDFj0
日本で鉄砲が使われだした頃には
欧州にマウリッツが出てきてるから更にもう一歩先に行ってるで

砲兵・銃兵・騎兵を組み合わせた戦術にボッコボコにされるわ
勝ち目なんてないやろ

99: 2018/02/01(木) 04:56:29.22 ID:Cw0A99xS0
>>94
ソ連軍の火力ポケットみたいな戦い方なの?

113: 2018/02/01(木) 05:05:06.91 ID:OJ+7QDFj0
>>99
中世の混成軍から兵科単位の編成に変わってるしな
諸侯が軍兵と武器を集めてって日本軍じゃ相手にならんやろ

130: 2018/02/01(木) 05:13:39.50 ID:ciZ//u8c0
>>113
マウリッツの軍事革命のキモって常備軍制と師団制で、これは信長がすでにやってるんだよなあ
そしてすでに言ってるように当時の大砲は榴弾開発前&砲身に溝を入れる前だからたかが知れてるし、残りの騎兵とマスケットの連携は日本でもすでに実用済みだし

137: 2018/02/01(木) 05:14:53.37 ID:MjWwdmSQ0
>>130
日本の戦国時代の騎兵なんてお話にならないレベルだよ
独立した兵科になってないし

115: 2018/02/01(木) 05:07:25.57 ID:XrfWolQsK
西洋の騎士の鎧に刃通らんやろ

143: 2018/02/01(木) 05:19:24.02 ID:ciZ//u8c0
>>115
その代わり西洋の騎兵は動きが遅いから高速でかき回したり、集団で引きずり降ろせば終わり
高速でかき回すのはモンゴル軍が実際に成功した有名な戦術

150: 2018/02/01(木) 05:22:10.94 ID:MjWwdmSQ0
>>143
モンゴル騎兵のマネをどうやって日本がするんだ?
日本の騎馬なんて蹄鉄付いてないから西洋の騎兵より更に遅いぞ

118: 2018/02/01(木) 05:08:21.18 ID:cIc4r4kE0
あり得ない話やけど平原に全軍集めて1国対1国みたいな戦いしたらヨーロッパの大体の国相手には勝つと思うで
兵力でかなり優位やし

125: 2018/02/01(木) 05:11:33.45 ID:MjWwdmSQ0
>>118
無理無理
日本には平原がとても少なかったから(平地は湿地か水田ばっか)
平原の戦いが一番苦手だし

131: 2018/02/01(木) 05:14:21.70 ID:cIc4r4kE0
>>125
それでも兵力差がかなりのもんやろ
ヨーロッパの強国で動員数は10万人やろ
日本は20万人程度は動員可能やろうしワイが言った意味のない仮定やったら勝つと思うで

75: 2018/02/01(木) 04:42:43.00 ID:KghNHW490
日本にないカタパルトでボコられておわり

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517425394/