1: 2018/01/29(月) 04:28:30.35 ID:CAP_USER
・地質学者たちは2018年、大きな地震が2017年の約2倍発生すると予測している。
・なぜなら、地球の自転速度がやや低下し、赤道を微妙に収縮させているからだという。
・赤道が収縮することで、構造プレートが押し合いになるため、地震が頻発しやすくなる。

2018年に入って、世界各地で地震が相次いでいる。

これまでで最も大きな地震は1月23日の早朝(現地時間)、
アラスカ湾の沖合約174マイル(約280キロメートル)の海底で発生した。
地震の規模はマグニチュード7.9だった。

そのわずか3時間前には、インドネシアのビヌアンゲウン(Binuangeun)の海岸から
25マイル(約40キロメートル)と離れない場所で、マグニチュード6.0の地震が発生。
この地域は「環太平洋火山帯」と呼ばれる、地震と火山噴火の多発地帯だ。

この2回だけではない。今年は大きな地震が続いている。
1月23日現在、マグニチュード7.0以上の地震はアラスカを含め、すでに3回発生している。
これほど大きな地震は、2017年には7回しか起きていない。

科学者たちは、地球の自転速度の低下が、近年、世界で地震が増加している一因ではないかと言う。

あなたは気づいていないかもしれないが、今、地球は少しのんびりしている。
2011年以降、通常より数千分の1秒遅いペースで自転しているのだ。

地球の自転周期は絶えず変化している。海流や大気の変化だけでなく、
地殻の下のマントルやさらにその内部にある核の影響を受けるためだ。
地質学者のロジャー・ビルハム(Roger Bilham)氏とレベッカ・ベンディック(Rebecca Bendick)氏によると、
自転速度の低下により、2018年は少なくともマグニチュード7.0以上の地震が2017年の2倍以上発生する可能性がある。

〈構造プレートの押し合い〉

コロラド大学で地震の研究をしているビルハム氏はBusiness Insiderに対し、
自転速度が数年にわたって遅れると、その間に地球の内部が収縮すると語った。
それに合わせて赤道も縮むのだが、構造プレートはそうはいかない。

収縮した赤道に合わせてスリムになるのではなく、互いに押し合うのだ。

わたしたちがこれを地上で感じるまでには、時間がかかる。
だが、高周波地震の発生が少ない状態で5年が経つと、このプレートの押し合いの影響が、
世界中で感じられるようになると、ビルハム氏は言う。
同氏は、2018年から2021年の今後4年にわたって、毎年平均20回の大地震が発生すると見ている。

自転速度が低下するこの現象は、活動中でない地震を誘発するものではないが、
一部でさらなる張力と圧力を加え、特に地震多発地帯で、地震を頻発させるとビルハム氏は言う。

続きはソースで

[原文:We could see twice as many big earthquakes this year, scientists warn — because the equator has shrunk]
http://www.businessinsider.com/earthquakes-global-seismic-hazard-slow-earth-rotation-2017-11

関連ソース画像
 59721dbd552be58c008b5bd9

関連スレ
【地質学】〈自転速度の変化と巨大地震発生との関連性から〉2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1511242435/

BUSINESS INSIDER
https://www.businessinsider.jp/post-160796

2: 2018/01/29(月) 04:31:07.94 ID:zGGGQUEp
大陸変動時期?さようなら人類

3: 2018/01/29(月) 04:43:41.12 ID:lkn0RRu0
そんな影響もあるんだな

4: 2018/01/29(月) 04:50:28.89 ID:oqAWJ2UM
南海トラフが来るよ

5: 2018/01/29(月) 04:53:51.71 ID:Wqnul89c
>>1
熱プルーム移動説の方がよっぽど信憑性があるなぁ

39: 2018/01/29(月) 08:19:08.17 ID:/BJN7iys
>>5
かなり高精度だよな
どこに来るか細かくは判らなくても、
おおよそのだと、かなり…。
素人目に見ても、南東からきていたのが、
草津とアラスカに行ったかーみたいな

7: 2018/01/29(月) 05:32:28.65 ID:Fc6MH0r7
予算獲得の時期かな、ええかげんなでまかせ言うたもんの勝ち

9: 2018/01/29(月) 05:44:20.07 ID:wOf0oRn0
>自転速度が数年にわたって遅れると、その間に地球の内部が収縮すると語った。

遠心力が弱まり収縮するのか?

16: 2018/01/29(月) 06:31:25.83 ID:LmtSsrql
 


>地球の自転速度がやや低下し、赤道を微妙に収縮させている

そうなのか?

何となく、
運動エネルギー保存の観点からは、
地球の自転速度が低下すると、赤道は伸び、
地球の自転速度が上昇すると、赤道は縮む気がするが。


 

17: 2018/01/29(月) 06:34:34.97 ID:X+OBN4xW
>>16
遠心力

20: 2018/01/29(月) 06:45:55.14 ID:kWODgss4
子供の頃 ⊂|⊃ のように
ボタンに紐を通してぶんぶん回しして遊んだけど、
そういうのを想像すればいいの?
違うかな、おばさんの発想でごめん。

53: 2018/01/29(月) 10:19:17.66 ID:PbUf7y9D
>>20
わかりやすいと思う  地球の自転も早くなったり遅くなったりするんだろね

56: 2018/01/29(月) 10:32:24.93 ID:xiTL5LGT
>>53
外部からエネルギーの出入りがあったわけではなく
マントルの対流などにより地球の慣性モーメントが変化したことにより角運動量保存則から自転速度が変化している
フィギュアスケートで手をのばせばスピンが遅くなり、手を縮めればスピンが速くなるのと同じ原理

28: 2018/01/29(月) 07:29:05.48 ID:ytiazJl4
地球がもっと大きければ地震は起きないってことか。

36: 2018/01/29(月) 07:59:02.68 ID:AywnFFSt
フィギュアの回転と同じだよ
閉じると高速に開くと低速に
地殻側のマントルに質量が増えるような作用があるから自転が遅くなる
地殻側のマントルの流動性が増すことでコアからの流入量も増えると質量が増す

これは地震が増えるし、海中の温度も上がって異常気象が増える。
原因は太陽活動低下による磁気バリアの弱まりにより
地球に降り注ぐミュー粒子の数が増えるから。
大陸から射し込んだミュー粒子が電子レンジのようにマントルを暖める。
粒子が増えるということは海面上では雲が増える。それにより地球は冷やされる。
小氷期が始まるということ。

37: 2018/01/29(月) 08:06:46.18 ID:cWA0LNfZ
自転が早い → 内側へ向かうチカラが強い
自転が遅い → 内側へ向かうチカラが弱まる

69: 2018/01/29(月) 12:07:39.42 ID:qltJ0keH
影響があるかないかでいえばあるだろうけど軽微
それだけで地震が増えるのか?
むしろ減る可能性もあるのでは?
と直感的に思うくらいの影響に思えるけど

75: 2018/01/29(月) 13:06:23.82 ID:rcTggVOS
因果関係は置いといて、今年になって明らかに環太平洋で地震が
増え出しているな。

98: 2018/01/29(月) 16:14:16.26 ID:ao+Va3NV
直前の火山噴火も予知出来ないというのに。

123: 2018/01/30(火) 22:46:27.72 ID:KxAh1xYp
こうした無数の遠因が複雑に絡み合っているから地震の精確な余地は難しい。

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1517167710/